2017年07月22日(土)

キッズジュニア1(7/22〜7/24)スタート!


暑い夏の昼下がり


小船に乗って周囲2.2kmの余島に降り立った子どもたち。


一言目は


「あつ〜」


かほとんどでした。




今回は余島が初めてのお友だちがほとんどです。

ゆっくりと余島を楽しみたいと思います。

2017年07月17日(月)

キッズキャンプFINISH!!

DSC_0064.JPG
あっという間の3日間でした。
昨夜、「昨日来たのにもう明日帰るの?」と呟いている子がいました。

きっと仲間と過ごしたこと、海で泳いだこと、カヌー乗ったことが思っていた以上に楽しくてあっという間に時間が過ぎて行ったのでしょう。

ご飯の準備も自分たちで運びました。
服を濡らしながら洗った80枚のお皿も、砂浜で食べた形の崩れたスイカも

暗闇の中で皆の顔が見えるほど火を焚いたキャンプファイヤー、皆で声を合わせて歌った歌もいい思い出です。
DSC_0043.JPG
集合場所から勇気を出してバスに乗り込んだ瞬間から子どもたちの冒険は大成功です。家族と離れてお友だちと泊まったこと、どきどきしながらチャレンジしたカヌー・釣り等のプログラム、お友だちとケンカしたり、笑ったり、さみしくなって涙が出たりして過ごしたキャンプ。この3日間は子どもたちにとって大きな心の冒険になったことでしょう。 
DSC_0047.JPG
そして、キャンプを乗り越えたことが彼らの自信にもなっていることだと思います。
日焼けして、少したくましくなった子どもたちの大冒険キャンプの話を楽しみにしていてください。
DSC_0153.JPG
そして次はより長いキャンプでお会いできることを楽しみにしています。期間が長いほど、子どもたちには多くのチャンスが待っています。「挑戦するチャンス」「立ち止まるチャンス」「成功するチャンス」「失敗するチャンス」その全ての体験が彼らの力になり、自らの進む道を照らす光となることを私は信じています。
また余島でお会いできることを楽しみにしています。


余島キャンプ長
山本亮司

2017年07月16日(日)

キッズキャンプ二日目 午後

昼食後はお昼寝です。
「えー!眠くないのに〜!」と言ってた子がいびきをかいてぐっすりと寝ていた様です。
しっかり遊び、休憩をとる。
そしてまた元気に遊ぶ。
すっきりとした顔で午後からの海水浴へ行ってきます!
IMGP0172.JPG
今日は桟橋からの飛び込みにチャレンジした子もいました。
なんども水しぶきを巻き上げて飛び込みます!
中にはポーズを決めて飛ぶ子もいます。
IMGP0153.JPGIMGP0145.JPG
そして夏と言えばスイカ割り!
スイカの登場に砂浜は一気に盛り上がります!!!
各キャビンから代表者を1名ずつ出して目隠しをして始まりました。
「右ー!」「ひだりー!」「そこそこそこ!」と歓声が飛び交います。
見事、スイカにあたるとまたまた大歓声!
IMGP0202.JPG
甘くて真っ赤な果実を大きな口で頬張りました。

IMGP0212.JPG
DSC_0155.JPG
夕食後、遊び疲れも出てきた様で少し早めにプログラムを終了しぐっすり朝まで眠りました。

2017年07月16日(日)

キッズキャンプ二日目

DSC_0070.JPG
朝早くからキャビンの森から降りてきてグラウンドを走り回る子どもたち。
しっかり身体を動かしたので朝ごはんもたっぷり食べました。
DSC_0092.JPG

DSC_0108.JPG
午前中はキャビンタイムです。生活のグループ毎にカヌーやカヤック、アーチェリーなどを楽しみました。
風で揺れる船は少し怖かった様ですが勇敢に海に向かって漕ぎ出して行きました。
DSC_0115.JPG

DSC_0132.JPG

2017年07月15日(土)

キッズキャンプ一日目

IMG_0402.JPG

余島について思いっきり海で遊んだ子どもたち。
少し緊張していた顔も、すっかり笑顔になりました。

IMG_0431.JPG
IMG_0421.JPG
DSC_0006.JPG

シャワーを浴びてさっぱりしたら芝生のグラウンドでバッタやセミ、トンボを追いかけます。
「つかまえたー!」とお友だちやリーダーに見せていました。

IMGP0019.JPG
IMGP0044.JPG

夕方、少し寂しくなって涙が出たお友だちもいましたが、ご飯をたくさん食べキャンプファイヤーでは大きな声で笑ったり、歌を歌ったりとまた楽しくなった様です。
皆、ベットに入るとスヤスヤと眠りにつきました。
”家族と離れて初めて会った人たちと寝食を共にする”
このことは低学年にとっても、送り出す保護者の方にとっても大冒険だったと思います。
家族を想い寂しくなることは悪いことではありません。もちろん、私たちにとって迷惑でもありません。
寂しい時はリーダーが傍にいてくれます。時にはお友だちが励ましてくれる事をもあります。
一人ではなく、仲間たちといることの喜びを感じる機会になったのではないでしょうか。
明日も思いっきり遊びたいと思います!

IMGP0121.JPGIMGP0092.JPG

2017年07月15日(土)

キッズキャンプ(7/15-17)START!



うだるような暑さの昼下がり、元気一杯に余島に降り立った子どもたち!

キャンプ場の説明を聞き、早速海へ!!
「冷たい〜!」と叫びながら海に駆けていきました!


三日間しっかり遊びたいと思います!

2017年07月09日(日)

カヌートリップトレーニングキャンプ2日目





夜明け前から出航するグループ。


穏やかな海。

青空が見えてきました。

2017年07月08日(土)

カヌートリップトレーニングキャンプ!

今年も一泊のカヌートリップトレーニングキャンプが始まりました!
16名のリーダーたち。
目標は遙か彼方。
リーダーたちの挑戦は続きます。


2017年05月07日(日)

GWリーダートレーニングキャンプ!Finish!


3泊4日のトレーニングキャンプが終わりました。
日の出から夜遅くまで、ワークをしたり、船に乗ったり、走り回った4日間でした。

「なんでこんなに走るのだろう?」「キャンプは楽しい?しんどい?」

新しくきたリーダー希望者の皆にはいつも「?」があったのではないでしょうか。
でもボランティアの本当の意味を知り、リーダーになると言うことの意義を知り、余島を深く理解した彼ら彼女らにはもう迷いはありません。
やるべきことを自分たちで探し、できることを力一杯やるようになりました。

全ては 

”子どもたちのため”

運営を任された3回生も、共に歩んだ4回生も多くの気付きと学びがあったキャンプでした。


ある1回生のリーダーが振り返りシートに
「10年前に決めたリーダーになるという夢が叶った。」
と書いていました。


”キャンプは人の人生をも変えることもある” 

キャンプの先人が残した言葉です。
67年目の夏も同じようにボランティアが集い、全ての人のためにキャンプをしています。
夏に多くの仲間たちに会えることを楽しみにしています。

CAMP IS FUN!



新たな仲間たち!

2017年05月06日(土)

GWリーダートレーニングキャンプ!(5/4~5/7)


3泊4日のトレーニングキャンプが始まりました。今年は23人の新1回生と新2回生を迎えてのキャンプです。
夏にこどもたちを迎える準備が始まりました。
ローボートやヨット、カヌー・カヤックの練習、キャンプの生活の体験、野外料理等々、盛りだくさんな毎日です。

↑ページトップへ